LE KLINTの歴史は20世紀初頭に遡ります。
デンマークの著名な建築家、P.V.イエンセン・クリントは、日本の折り紙に触発され紙を規則的に折りあげて作る、手づくりのランプシェードを生みだしました。
次第にその美しいデザインと、優れた機能を持つあかりの名品として人気が広まっていき、
1943年、息子のターエ・クリントによってLE KLINT社は創立。
2003年には、デンマーク王室御用達にも選定されたほか、近年では建築家や若いデザイナーたちのチャレンジを大切にし、現代のライフスタイルに調和する製品開発を行っています。
創業当時から続く、職人の手仕事ならではの柔らかな灯りとやさしい影は、心地よい空間と落ち着いた時間をお届けします。