1839年、陶芸家のハーマン・J・ケーラーが創業したスカンジナビアを代表するデンマークの陶磁器ブランド。息子のハーマン・A・ケーラーが工房を引き継ぎ、世界中の展覧会や美術館で展示。そこで高い評価を得たことをきっかけに、芸術性溢れる国際的な陶磁器メーカーへと発展しました。180年前と同じように職人の手作業により愛情込めて仕上げられた製品は、少しずつ個性と温もりが感じられます。
芸術的でクラシカルでありながらも、現代の暮らしに溶け込むアイテムは世界中で愛されています。